ビタミンが吸える電子タバコには、3つのタイプがあります。

 

1.使い捨てタイプ

2.カートリッジ交換タイプ

3.リキッドを補充しながら吸うタイプ

 

楽に使える順番は、使い捨てタイプ、カートリッジタイプ、リキッドタイプです。

使い捨てタイプは、吸い終わったら捨てるだけです。

カートリッジタイプは、カートリッジを交換するだけです。

リキッドタイプは、自分でデバイスを購入してリキッドを補充しながら吸うので、リキッド補充の手間や、デバイスのメンテナンスが面倒ですね。

でも、使い捨てやカートリッジは蒸気量は一定になってしまうんですが、

リキッドタイプは、爆煙ボックス型~小型のポッド型やペンシル型までデバイスが自分で選べるので、

吸い心地は自分で調整できます。

 

気になるのは、吸っていく場合にどのくらいかかるのかですよね。

商品によって異なりますが、1吸いの目安をまとめてみました。

 

1回の吸引価格の目安

タバコ、加熱タバコ 約2円(スターターキット別)

リキッドタイプ   約0.2円~0.3円(リキッドのみ、スターターキット別)

カートリッジタイプ 約1円前後(スターターキット別)

使い捨てタイプ   約2円前後

 

ビタミンタバコを吸い続けていこうとしたら、気になるのはランニングコストですよね。

できれば、できるだけコストを抑えたいものです。

 

大雑把にタバコや加熱タバコと比較してみると、使い捨てタイプはほぼ同じくらい、カートリッジタイプは約1/2、リキッドタイプは約1/10で吸えますね。

 

主なビタミンタバコの1吸引価格比較

使い捨てのビタミンタバコ

ビタフル

人気の日本製使い捨てビタミンタバコ。

簡単に吸えるんですが、価格はタバコと同じくらいかかってしまいます。

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・1本の吸引回数約500回(タバコ換算で約2箱分)

・1吸引価格は、タバコやアイコスなどと同じくらい

・基本成分/ビタミンA、B6、B12、C、D、E、コエンザイムQ10、コラーゲン、カテキン

・スティックの種類/10種類

 

カートリッジタイプのビタミンタバコ

C-TEC DUO

プルームテックとバッテリースティックの互換性があるので、どうしてもニコチンが欲しくなった時だけ、プルームテックのカートリッジを付け替えて吸えます。

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・カートリッジ1個の吸引回数約400回(タバコ換算で約1.5箱分くらい)

・1吸引価格は、タバコの半分くらい

・基本配合成分/ビタミン類

・カートリッジの種類/4種類

ビタフル

ビタフルのカートリッジタイプです。

使い捨てタイプの半分以下のコストで吸えますね。

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・カートリッジ1個の吸引回数約500回(タバコ換算で約2箱分くらい)

・1吸引価格は、C-TECよりも少し安い

・基本配合成分/ビタミン6種、コエンザイムQ10、コラーゲン、カテキン、プラセンタ、ヒアルロン酸など

・カートリッジの種類/4種類

吸う美容液プラスビューティー

日本に医療メーカーが監修したリキッドタイプのビタミンタバコ。

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・カートリッジ1個の吸引回数約500回(タバコ換算で約2箱分くらい)

・1吸引価格はタバコの半分くらい

・カートリッジの種類 天然ビタミンC、コラーゲン&ヒアルロン酸

ビタミン入りリキッド

ランニングコストを抑えたかったら、リキッドがおすすめ。

ビタミンリキッドを吸うためのおすすめのデバイスはこちら!

mitas リキッド15ml、20ml、30ml

大容量が格安!

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・1吸引価格はタバコの約1/10です。

・主な成分 ビタミンA、B3、C、E、コエンザイムQ10など

・味の種類  6種類

 

 

吸う美容液プラスビューティー

日本の医療メーカーが監修したリキッドです。

コラーゲン&ヒアルロン酸が人気のようです。

・ニコチン、タール0、受動喫煙0

・1吸引価格は、

・成分はリキッドごとに異なります

コラーゲン&ヒアルロン酸、ビタミンB1・B12・ビタミンC、エピガロカテキンガレート、天然ビタミンC

・味の種類 14種類